ヘム鉄サプリメントとは

サプリメントでヘム鉄を積極的に摂取している人がいます。人間の体は、一定量の鉄分が必要です。特に女性の体は生理などで鉄分が失われやすく、対策が必要な栄養素の一つです。魚貝類や、肉などの動物性食品にはヘム鉄が含まれており、サプリメントを使わない時には貴重な鉄分源となります。

 

一方、野菜や海草には非ヘム鉄が含まれています。日本人が摂取する鉄分は、多くが非ヘム鉄だとされています。吸収効率を考えると、ヘム鉄よりも非ヘム鉄の方が弱く、たくさん摂取する必要があります。普段の食事で肉や魚を意識して摂取し、サプリメントを使わずにヘム鉄を確保することができれば、その方がいいのではないかという人もいます。

 

とはいえ、毎日ヘム鉄を含む食材を使うのは面倒な部分もあります。かつお、しじみ、あさり、レバーなどがヘム鉄の多い食材の代表的なものになります。これらの食材を毎日使おうとすると、コレステロールの高い食事になってしまったり、料理の準備が大変すぎたりします。

 

適量のヘム鉄を補給するために、過剰コレステロールを摂取しては元も子もありません。日本人の日頃の食事で、体内に取り入れられている鉄分は、なかなか吸収されない非ヘム鉄が中心になっています。意識してヘム鉄を摂取するためには、そのための食材を揃えなければならず、毎日それを続けるとなるとなかなか大変なことになるといえるでしょう。

 

ヘム鉄の摂取をサプリメントで行うことによって、手軽に、確実性の高い栄養確保ができるでしょう。

サプリメントでヘム鉄を摂取して、体に弊害はあるでしょうか。貧血に悩まされる女性などは、ヘム鉄サプリメントを使うことが多いようですが、うっかり飲みすぎてしまって、身体的なトラブルが起きる可能性があります。一度にたくさんのヘム鉄をサプリメントなどで補給すると、胃腸や肝臓の働きに負荷がかかったり、鉄の中毒状態になってしまうことがあるようです。

 

サプリメントでヘム鉄を補給する時は、鉄の1日の最大量40mg〜45mgをオーバーすることのないようにする必要があるでしょう。継続して、鉄分をたくさん取りつづけていると、胃腸の機能が低下したり、吐き気などの症状が出るようになる場合があります。だんだんと目が見えにくくなり、眼球鉄症になることもありますので、過剰摂取には要注意です。

 

不要なトラブルを起こさないために、正しい使用方法を必ずチェックして、使用頻度や量をきちんと守ってヘム鉄のサプリメントを摂取することです。そのサプリメントを適量摂取すると、ヘム鉄をどの程度体内に取り入れることになるかを理解しておくことが大事です。

 

サプリメントを補給する時には、今は過剰状態からどのくらい余裕があるかなどを知っておくことです。ヘム鉄のサプリメントは、妊娠している女性などが、鉄分欠乏にならないように使うことがあります。貧血症状が出ていないような妊婦がヘム鉄を摂取しすぎると、高血圧の症状が出たり、赤ちゃんの発育に支障が出てしまうこともあるそうです。

 

妊娠している時にヘム鉄のサプリメントを使うならば、担当の医師に助言を受けてからがいいでしょう。

続きを読む≫ 2014/06/17 00:46:17

多くの会社がヘム鉄のサプリメントを販売しており、利用している人は大勢いるようです。ヘム鉄サプリメントはたくさんありますが、どういう選び方で選択するといいでしょう。ヘム鉄と非ヘム鉄という2種類の鉄分があります。おすすめなのは吸収率のいいヘム鉄ですが、ヘム鉄のサプリメントはコストパフォーマンスが高めです。

 

コストの低い鉄分のサプリメントをつくるために、ヘム鉄よりも多めの非ヘム鉄を用いたサプリメントを売っているところもあるといいます。どちらにしてもヘム鉄を使っていることにはかわりはないため、商品説明の欄にヘム鉄配合と書かれていても、それ自体は事実です。

 

気をつけたいこととして、このサプリメントには非ヘム鉄が入っていることがあります。ヘム鉄と非ヘム鉄の違いとして、非ヘム鉄は体に悪影響を及ぼす可能性があるといいます。非ヘム鉄はすんなり吸収される前に、タンニンや食物繊維と結びついてしまう特性があります。

 

非ヘム鉄は、体内で鉄イオンになる過程でフリーラジカルの量を増やし、胃や腸を刺激することがあります。人によっては、非ヘム鉄を摂取したために体内でトラブルが起きることがありますので、気をつけましょう。ヘム鉄だけが使われているような表記をしながら、実は一定量の非ヘム鉄も含まれているというサプリメントもあるといいます。

 

サプリメントでの鉄分補給を行う時には、用いられているのはヘム鉄と非ヘム鉄のどちらなのかを確認しましょう。

続きを読む≫ 2014/06/17 00:45:17